丸に三柏



古代から柏の葉は、神前に供物を供えるとき器代わりに用いられ、
これに由来して柏が「神聖な木」と見られるようになった。
鎌倉時代にはすでに武家が文様として用いている。
三葉よりなる三つ柏がよく知られているが、
バリエーションの多い家紋の一つである。

島左近 「石持に中細柏」
山崎烝「丸に違い柏」、土佐藩「丸に土佐柏」

※シール柄サイズ:(約)3cm×3cm
型番 kamon05gd
販売価格 500円(税込540円)
購入数


Top