家紋 蒔絵シール「菊水」GD 金 ケータイ スマホ iPhone ステッカー 和柄 剣道シール デコ 家紋シール iQOS アイコス

均整のとれた美しい花弁、さわやかな気品、
邪気を払い延命効果があるとされる瑞祥など、
いずれも優雅で凛然としたイメージの文様である。

中国において観賞用とされていた菊が、
日本に伝来したのは平安時代中期で、
古くは延命長寿の薬餌として用いられた。

また当時の流行文様として衣服や甲冑に
用いられたともある。

鎌倉時代、後鳥羽上皇が特に菊を愛し、
日常品にまで菊花紋を入れ、 鎌倉時代末に
皇室の私的な専用文様になった。

昔は一般でも菊紋を用いていたが、
明治二年、菊花は皇室の紋章として
制定されたため、一般人の使用は禁止された。

皇室紋章との類似を避けたためか、
菊紋には多くのバリエーションが見られる。

小松帯刀「抱き菊の葉」、桂小五郎 「水戸菊菱」

  ※シール柄サイズ:(約)3cm×3cm
型番 kamon96gd
販売価格 500円(税込540円)
購入数


ゆきお


のぶにゃがの野望


花個紋


まどか珈琲


ベースワン


Top