家紋 蒔絵シール「丸に水戸葵」GD 金 ケータイ スマホ iPhone ステッカー 和柄 剣道シール デコ 家紋シール iQOS アイコス

葵は京都にある加茂(賀茂)社の神草で、
祭器の模様に付けられ神紋として扱われた。

加茂社の祭礼である葵祭の神事にも用いられ、
冠・牛車・桟敷の御簾などが、 葵で飾られる。

加茂社の神官が家紋として用い、
賀茂神社の氏子や当社を信仰する家々の
家紋として広まった。
葵には何種類かあり、紋章として用いられているのは
双葉葵でその葉や花が図案化されたもの。

現在、葵といわれているのは立ち葵のことで、
葵紋の双葉葵とは別のものである。
江戸時代、葵紋は徳川一族以外には御法度で、
将軍家の権威そのものだった。
徳川氏が葵紋を使うようになったのも、
三河国松平郷が賀茂神の神領で、
松平氏はその有力な氏子であったことが
その理由とされている。

徳川家康「三葉葵」 本多忠勝「丸に立葵」
徳川幕府「葵の紋」
※シール柄サイズ:(約)3cm×3cm
型番 kamon95gd
販売価格 500円(税込540円)
購入数


ゆきお


のぶにゃがの野望


花個紋


まどか珈琲


ベースワン


Top