源氏車



車は古くから貴人に用いられた。
平安時代、源氏車または御所車と呼ばれる
貴族専用の牛車が、車の代名詞となった。
家紋の車はこの牛車が元になっており、
家紋として成立したのは鎌倉時代の初めである。
正式には源氏車紋と呼称され、古い紋の一つ。
車紋には、円形と半円形がありこれ以外にも、
風車、水車をモチーフとしたものもあるが、
通常車紋と云えば、この源氏車紋を指す。

榊原康政 「榊原源氏車」

※シール柄サイズ:(約)3cm×3cm
型番 kamon34gd
販売価格 500円(税込540円)
購入数


Top