丸に桔梗

桔梗

秋の七草の一つ。
その可憐な姿は優しく女性的で、代表的な女紋の一つとされている。
江戸時代、家紋を衣服につけるのは男性に限られていたので、
婦人は桔梗の花を、線書きでやや小形にしたものを用いていた。
武士でこの紋を用いたのは清和源氏の土岐氏で、
戦国時代には土岐氏の流れを汲む明智光秀が水色の桔梗紋を
用いたことは有名である。

明智光秀「桔梗」  坂本龍馬「違い枡に桔梗」

※シール柄サイズ:(約)3cm×3cm
型番 kamon13gd
販売価格 500円(税込540円)
購入数


Top